産経フォト

日仏安保協力を確認 「航行の自由」重視

ニュース

日仏安保協力を確認 「航行の自由」重視

更新 sty1801270007
会談を終え、記者会見するフランスのパルリ国防相(左)と小野寺防衛相=27日午前、防衛省 会談を終え、記者会見するフランスのパルリ国防相(左)と小野寺防衛相=27日午前、防衛省

 小野寺五典防衛相は27日、フランスのパルリ国防相と防衛省で会談し、自衛隊とフランス軍の共同訓練の拡充など安全保障面の協力強化を確認した。中国の軍事拠点化が進む南シナ海情勢を巡り「航行の自由」の原則を重視する方針で一致。核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力最大化の継続も申し合わせた。

迎賓館の池のコイに餌を与える河野外相(左端)とフランスのルドリアン外相(右から2人目)=27日午前、東京・元赤坂
画像を拡大する
迎賓館の池のコイに餌を与える河野外相(左端)とフランスのルドリアン外相(右から2人目)=27日午前、東京・元赤坂フルスクリーンで見る 閉じる

 小野寺氏は会談で「フランスは太平洋に領土と広大な排他的経済水域(EEZ)を有し、自由や民主主義といった基本的価値を共有する特別なパートナーだ」と指摘。パルリ氏は「議論を深められることをうれしく思う」と応じた。安倍晋三首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」についても意見を交わした。
 2月には海上自衛隊とフランス海軍フリゲート艦による初の2国間訓練を予定している。会談では、無人潜水機に搭載する機雷探知技術の共同研究など、防衛装備品の共同開発推進も確認した。
 河野太郎外相もルドリアン外相と外務省で会談し「特別な日仏パートナーシップを深めていきたい」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング