産経フォト

翁長氏「米軍は制御不能」 相次ぐヘリ不時着批判

ニュース

翁長氏「米軍は制御不能」 相次ぐヘリ不時着批判

更新 sty1801240007
 沖縄県渡名喜村のヘリポートから離陸する、23日に不時着した米軍AH1攻撃ヘリコプター=24日午前10時50分ごろ(住民提供)  沖縄県渡名喜村のヘリポートから離陸する、23日に不時着した米軍AH1攻撃ヘリコプター=24日午前10時50分ごろ(住民提供)
 23日に沖縄県渡名喜村に不時着した米軍のAH1攻撃ヘリコプター=24日午前10時30分ごろ、渡名喜村(住民提供)
画像を拡大する
 23日に沖縄県渡名喜村に不時着した米軍のAH1攻撃ヘリコプター=24日午前10時30分ごろ、渡名喜村(住民提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 沖縄県の翁長雄志知事は24日、同県渡名喜村で米軍AH1攻撃ヘリコプターが不時着し、今月に入り不時着が3回相次いだことに関し「米軍が制御不能になっている。管理監督が全くできない」と批判した。那覇市内で記者団に語った。小野寺五典防衛相も「あまりに多い」と述べ、在日米軍の全航空機の整備点検徹底と、今回不時着したヘリと同型機の飛行停止を米側に申し入れたことを明らかにした。 不時着機は同日午前10時50分ごろ離陸し、同11時15分ごろ、米軍嘉手納基地に到着した。

 翁長氏は、在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官が8日、2回目の不時着の際、県幹部に「(米軍は)クレイジーだ」と謝罪したことを引き合いに「まさしく米軍全体がクレイジーになっている」と強調。日本政府には「当事者能力がない」と指摘した。

 小野寺氏は23日に渡名喜村に不時着したことに関し、米軍から「警告灯が点灯し予防着陸した。整備要員を派遣し、飛行の安全が確認され次第離陸する」と伝えられたことも明らかにした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング