産経フォト

関東大雪、交通乱れる 東京都心も積雪

ニュース

関東大雪、交通乱れる 東京都心も積雪

更新 sty1801220011
積雪で白くなった国会議事堂周辺の道路や植え込み=22日午後、東京・永田町(酒巻俊介撮影) 積雪で白くなった国会議事堂周辺の道路や植え込み=22日午後、東京・永田町(酒巻俊介撮影)
雪が降りしきる浅草寺雷門前=22日午後、東京都台東区(納冨康撮影)
画像を拡大する
雪が降りしきる浅草寺雷門前=22日午後、東京都台東区(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本列島は22日、南岸を東進する低気圧の影響で太平洋側を中心に広い範囲で雪になった。関東甲信では平野部でも積雪を記録、東京都心でも雪が積もり、帰宅時間帯の交通に大きな影響が出た。関東甲信の雪は23日にはやむが、気温が低い状態が続くため、凍結した路面などに注意が必要だ。
 気象庁によると、低気圧に伴う雨雲が22日未明には九州にかかり、徐々に東に進んだ。西日本は雨の地域が多く、中国や近畿の山沿いでは雪になった。昼ごろには、東京都内や神奈川、埼玉両県などの平野部でも雪が降り始め、夕方には積雪を記録した。
 関東甲信を中心に、列車の運休や高速道路の通行止めが相次いだ。
 低気圧は22日夜に関東の南の海上を通過。23日以降、三陸沖を急速に発達しながら北上し、冬型の気圧配置が強まる見通しだ。

関東地方、交通に大幅乱れ 列車や空の便

 降雪の影響で関東地方では22日、列車の運休や高速道路の通行止めが相次ぎ、交通に大きな乱れが出た。空の便も全国で250便以上が欠航した。

雪で覆われた神宮球場周辺=東京都新宿区(撮影・長尾みなみ)
画像を拡大する
雪で覆われた神宮球場周辺=東京都新宿区(撮影・長尾みなみ)フルスクリーンで見る 閉じる

 JR東日本によると、首都圏の在来線は、東海道線や東北線(宇都宮線)、中央線で本数を減らし、特急の一部を運休にした。小田急電鉄は午後から特急の運転を全て取りやめた。
 東海道新幹線は、品川-小田原間で速度を落として運転した。
 高速道路は、東名高速道路などの一部が通行止めとなり、速度規制区間も相次いだ。

 航空では日航や全日空、AIRDO(エア・ドゥ)などで羽田発着便を中心に計250便以上が欠航。23日の欠航が決まっている便もあり、航空各社は「ホームページなどで運航状況を確認してほしい」と呼び掛けている。

雪が降る中、道路を横断する人々=22日午後、東京・銀座(飯田英男撮影)
画像を拡大する
雪が降る中、道路を横断する人々=22日午後、東京・銀座(飯田英男撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
雪が降り続くJR渋谷駅前=22日、東京都渋谷区(寺河内美奈撮影)
画像を拡大する
雪が降り続くJR渋谷駅前=22日、東京都渋谷区(寺河内美奈撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング