産経フォト

23日にかけ平野部でも雪 東北、関東甲信で30センチ

ニュース

23日にかけ平野部でも雪 東北、関東甲信で30センチ

更新 sty1801220005
雪が降る中、皇居を訪れた観光客ら=22日午前、東京都千代田区(撮影・今野顕) 雪が降る中、皇居を訪れた観光客ら=22日午前、東京都千代田区(撮影・今野顕)
雪が降る中、皇居周辺を訪れた人たち=22日午前、東京都千代田区(撮影・今野顕)
画像を拡大する
雪が降る中、皇居周辺を訪れた人たち=22日午前、東京都千代田区(撮影・今野顕)フルスクリーンで見る 閉じる

 発達する低気圧の影響で、西日本では22日夕にかけ、東北と関東甲信などでは同日昼ごろから23日明け方にかけて、広い範囲で雪が降り、平野部でも大雪となるところがあるため、気象庁は路面凍結による交通障害への警戒を呼び掛けた。23日午前6時までの降雪量は東北と関東甲信は30センチ、北陸から中国にかけては20センチ、九州北部や四国でも10~15センチと予想されている。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が日本列島の南岸を進んでおり、西日本では22日未明から雨になり、九州や中国地方の山沿いでは降雪を観測したところもあった。雨や雪の範囲は徐々に東に進み、午後から夜にかけ東日本から北日本の広い範囲にかかる。

 22日夜には日本海で別の低気圧が発生する見込み。23日からは日本の上空に強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が27日ごろまで続くとみられる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング