産経フォト

オホーツク上空で流氷観測 海保、平年並みに南下

ニュース

オホーツク上空で流氷観測 海保、平年並みに南下

更新 sty1801170012
第1管区海上保安本部の航空機から観測したオホーツク海の流氷=17日午前、北海道紋別市沖 第1管区海上保安本部の航空機から観測したオホーツク海の流氷=17日午前、北海道紋別市沖
航空機から流氷観測する第1管区海上保安本部の観測員=17日午前、北海道紋別市沖のオホーツク海
画像を拡大する
航空機から流氷観測する第1管区海上保安本部の観測員=17日午前、北海道紋別市沖のオホーツク海フルスクリーンで見る 閉じる

 第1管区海上保安本部(小樽)は17日、オホーツク海で航空機による流氷観測を実施した。船舶と流氷の衝突を防ぐため毎年行っており、今年は平年並みのペースで流氷が南下、北海道紋別市の北北東沖約80キロに到達しているのを確認した。
 機内では、観測員2人が左右の窓から、海一面を覆う流氷を2時間にわたり観測。衛星利用測位システム(GPS)や方位磁針を使って機体と氷の位置を確かめ、流氷の種類や分布を地図上に手早く書き込んでいった。
 1管では例年、12月から翌年5月まで海氷情報センターを設置し、衛星画像などで把握した流氷の位置を船舶向けに提供。上空からも週1回観測し、「海氷分布図」をホームページで公開する。
 この日は今冬2回目の上空からの観測で、下村広樹主任海洋調査官は「雲がかかることもあり、衛星画像だけでは流氷の細かな形状を捉えられない。目視で確認した情報を安全な航行に役立ててほしい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング