産経フォト

8人遭難死で書類送検 元社長とガイド3人

ニュース

8人遭難死で書類送検 元社長とガイド3人

更新 sty1712270017
北海道・大雪山系トムラウシ山遭難事故の実況見分=2010年7月 北海道・大雪山系トムラウシ山遭難事故の実況見分=2010年7月
北海道・大雪山系トムラウシ山遭難事故の実況見分=2010年7月
画像を拡大する
北海道・大雪山系トムラウシ山遭難事故の実況見分=2010年7月フルスクリーンで見る 閉じる

 2009年7月に北海道・大雪山系トムラウシ山(2141メートル)でツアー客7人とガイド1人の計8人が死亡した遭難事故で、北海道警は27日、業務上過失致死傷の疑いでツアーを企画した旅行会社アミューズトラベル(東京)の当時の社長(58)とガイド3人(うち1人は死亡)の男性計4人を書類送検した。
 道警は実況見分や関係者の事情聴取を重ね、事故の予見可能性や同社の管理態勢について捜査。公訴時効(10年)まで2年を切る中、刑事責任を問えると最終判断した。
 事故は09年7月16日に発生。ガイド3人とツアー客15人が3日間の日程で大雪山系を縦走中、暴風雨に見舞われて散り散りとなった。愛知、静岡、広島、岡山各県から来た50~60代の女性6人、男性1人と、リーダーだったガイドの広島県の男性=当時(61)=が低体温症で死亡した。
 元社長の書類送検容疑は、悪天候で引き返す場合の社内基準などを作成せず、安全管理を怠った疑い。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング