産経フォト

蓮舫氏、立民へ入党届 山尾志桜里氏ら4人は決定

ニュース

蓮舫氏、立民へ入党届 山尾志桜里氏ら4人は決定

更新 sty1712260019
立憲民主党の枝野代表(右)に入党届を提出し、握手する蓮舫民進党元代表=26日午後、国会 立憲民主党の枝野代表(右)に入党届を提出し、握手する蓮舫民進党元代表=26日午後、国会
立憲民主党の枝野代表(中央)との会談に臨む山尾志桜里衆院議員。左は福山幹事長=26日午前、国会
画像を拡大する
立憲民主党の枝野代表(中央)との会談に臨む山尾志桜里衆院議員。左は福山幹事長=26日午前、国会フルスクリーンで見る 閉じる

 蓮舫民進党元代表は26日、立憲民主党の枝野幸男代表と国会内で会い、立民への入党届を提出した。これに先立つ立民の常任幹事会で、無所属の山尾志桜里衆院議員(愛知7区)と民進党を離党した参院議員3人の入党を決定した。衆参両院合わせた所属議員数も60人となり、58人の民進を上回った。
 民進を離党し、入党した参院議員は、有田芳生(比例)、風間直樹(新潟選挙区)、江崎孝(比例)の各氏。
 立民の参院議員は計5人となった。参院で会派を結成すれば通常国会で首相の施政方針演説などに対する代表質問が可能になる。民進内ではほかに複数の議員が立民入党を検討中で、10人以上となれば、議院運営委員会に理事を出し、国会運営に関与できる。
 常任幹事会後、福山哲郎幹事長は「(山尾氏ら4人の入党は)大変うれしい。来年の通常国会に向けて新しい仲間と準備を進めたい」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング