産経フォト

15歳ザギトワがSP首位 フィギュアのロシア選手権

スポーツ

15歳ザギトワがSP首位 フィギュアのロシア選手権

更新 sty1712230002
ロシア選手権の女子SPで演技するアリーナ・ザギトワ=サンクトペテルブルク(タス=共同) ロシア選手権の女子SPで演技するアリーナ・ザギトワ=サンクトペテルブルク(タス=共同)
ロシア選手権の女子SPで演技するマリア・ソツコワ=サンクトペテルブルク(タス=共同)
画像を拡大する
ロシア選手権の女子SPで演技するマリア・ソツコワ=サンクトペテルブルク(タス=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【サンクトペテルブルク共同】フィギュアスケートのロシア選手権第2日は22日、サンクトペテルブルクで行われ、女子ショートプログラム(SP)はグランプリ(GP)ファイナルを初制覇した15歳のアリーナ・ザギトワが78.15点で首位に立った。世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワは右足のけがで出場していない。
 GPファイナル2位の17歳、マリア・ソツコワが76.39点で2位、16歳のポリーナ・ツルスカヤが75.33点で3位につけた。
 ロシアは国ぐるみのドーピング問題で平昌冬季五輪への選手団派遣を禁じられたが、選手は個人資格での参加を認められた。今大会は選手の選考会を兼ねるが、メドベージェワは実績で選ばれるとみられる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング