産経フォト

政府、飛行再開を容認 窓落下の米軍同型ヘリ

ニュース

政府、飛行再開を容認 窓落下の米軍同型ヘリ

更新 sty1712180016
 米軍普天間飛行場に駐機するCH53E大型輸送ヘリコプター=18日、沖縄県宜野湾市  米軍普天間飛行場に駐機するCH53E大型輸送ヘリコプター=18日、沖縄県宜野湾市

 沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小に米軍のCH53E大型輸送ヘリコプター操縦席窓が落下した事故で、米軍が同型機の飛行再開に必要な調査を終了したと日本政府に伝えていたことが分かった。政府は再開方針の容認を決めた。政府関係者が18日、明らかにした。

 米軍普天間飛行場に駐機するCH53E大型輸送ヘリコプター=18日、沖縄県宜野湾市
画像を拡大する
 米軍普天間飛行場に駐機するCH53E大型輸送ヘリコプター=18日、沖縄県宜野湾市フルスクリーンで見る 閉じる

 沖縄県の翁長雄志知事は今回の事故対応で「政府には当事者能力がない」と批判している。

 事故機は同小に隣接する海兵隊の普天間飛行場に所属。機体を運用する第1海兵航空団が調査終了を日本側に伝達した。防衛省は、飛行再開のために必要な措置が取られたとして、飛行再開の容認を決めた。引き続き米軍に安全対策の徹底を求める方針という。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング