産経フォト

【路上感撮】「英知」と「永遠」の輝き 東京・銀座

自然・風景

【路上感撮】「英知」と「永遠」の輝き 東京・銀座

更新 sty1712160001
ライトアップしたブルガリのセルペンティ(蛇)=東京・銀座(松本健吾撮影) ライトアップしたブルガリのセルペンティ(蛇)=東京・銀座(松本健吾撮影)
ライトアップしたブルガリのセルペンティ(蛇)=東京・銀座(松本健吾撮影)
画像を拡大する
ライトアップしたブルガリのセルペンティ(蛇)=東京・銀座(松本健吾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 クリスマスシーズンを迎え、イルミネーションに華やぐ夜の銀座。街頭で異彩を放つのがビルに絡みつく巨大なヘビのオブジェ。全身が光り輝き、青や緑、金、銀と変幻自在に色を変える。

 高級ブランド「ブルガリ」の銀座タワーに施されたイタリア語でヘビを意味する「セルペンティ」だ。ヘビは、古代ギリシャより「英知」や「永遠」の象徴とされ、ブランドのアイコンになっている。

 年末年始の季節限定でライトアップされる魅惑的な姿は、まさに“インスタ映え”。街行く人たちはしきりにスマートフォンを向けていた。(写真報道局 松本健吾) 

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング