産経フォト

JR東海道線が立ち往生 パンタグラフ損傷、愛知

ニュース

JR東海道線が立ち往生 パンタグラフ損傷、愛知

更新 sty1712120018
JR東海道線の枇杷島駅付近で停車したままの電車。乗客は歩いて移動した=12日午前、愛知県清須市 JR東海道線の枇杷島駅付近で停車したままの電車。乗客は歩いて移動した=12日午前、愛知県清須市
JR東海道線の枇杷島駅付近で停車したままの電車(奥)と、名鉄西枇杷島駅で電車を待つ乗客=12日午前、愛知県清須市
画像を拡大する
JR東海道線の枇杷島駅付近で停車したままの電車(奥)と、名鉄西枇杷島駅で電車を待つ乗客=12日午前、愛知県清須市フルスクリーンで見る 閉じる

 12日午前8時ごろ、愛知県清須市のJR東海道線枇杷島駅近くで、岐阜発名古屋行き快速電車の運転士が異常音に気付き、JR東海は一部区間で同日午後5時半ごろまで運転を見合わせた。この電車を含む4本が駅間で立ち往生し、うち1本と運転を見合わせて駅に停車していた車両でパンタグラフの損傷が見つかった。
 JR東海によると、運転見合わせ後に点検したところ、異常音に気付いたのとは別の立ち往生した電車のパンタグラフが破損していた。その後、岐阜駅で停車中の大垣(岐阜県大垣市)発豊橋(愛知県豊橋市)行き快速電車でもパンタグラフの損傷が見つかった。

JR東海道線の枇杷島駅近くで、パンタグラフが破損し停車したままの電車=12日午後、愛知県清須市
画像を拡大する
JR東海道線の枇杷島駅近くで、パンタグラフが破損し停車したままの電車=12日午後、愛知県清須市フルスクリーンで見る 閉じる

 このため同社は運転見合わせ区間を当初の岐阜-豊橋から大垣-豊橋に広げた。
 立ち往生した電車の乗客計約3400人は線路上を歩いて近くの駅まで移動した。けが人は確認していないが体調不良を訴えた乗客がいるという。出勤途中に約1時間、車内に留め置かれ、駅まで歩いた会社員(40)は「トイレに行きたくてつらかった。未然に防げなかったのだろうか」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング