産経フォト

情感豊かな滑りで観客を魅了 GPファイナル一夜明け

スポーツ

情感豊かな滑りで観客を魅了 GPファイナル一夜明け

更新 sty1712100013
エキシビションで演技するアリーナ・ザギトワ =10日午後、名古屋市・日本ガイシホール(納冨康撮影) エキシビションで演技するアリーナ・ザギトワ =10日午後、名古屋市・日本ガイシホール(納冨康撮影)
エキシビションで演技する宇野昌磨 =10日午後、名古屋市・日本ガイシホール(納冨康撮影)
画像を拡大する
エキシビションで演技する宇野昌磨 =10日午後、名古屋市・日本ガイシホール(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル閉幕から一夜明けた10日、出場した日本選手が名古屋市ガイシプラザで取材に応じ、男子で初優勝したネーサン・チェン(米国)に0.50点届かずに2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は「やらないといけないことが明確になった。今後の試合で挽回していきたい」と意欲を新たにした。

エキシビションで演技する宮原知子 =10日午後、名古屋市・日本ガイシホール(納冨康撮影)
画像を拡大する
エキシビションで演技する宮原知子 =10日午後、名古屋市・日本ガイシホール(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 女子で5位の宮原知子(関大)は「ショートプログラムで(優勝した)スケートアメリカよりいい演技ができたのは良かった」。6位だった樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は「(平昌冬季五輪代表が決まる)全日本選手権に向けて、自信がつくような練習をしたい」と決意をにじませた。

 上位選手によるエキシビションが行われ、宇野や宮原らが情感豊かな滑りで観客を魅了した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング