産経フォト

MRJミュージアム開館 国産旅客機を紹介、愛知

ニュース

MRJミュージアム開館 国産旅客機を紹介、愛知

更新 sty1711300017
 開館した「MRJミュージアム」で、見学に向かう1組目のグループ=30日午後、愛知県豊山町  開館した「MRJミュージアム」で、見学に向かう1組目のグループ=30日午後、愛知県豊山町

 三菱重工業が開発している国産ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を紹介する「MRJミュージアム」(愛知県豊山町)が30日開館し、関係者が記念式典を開いた。ミュージアムはMRJの組立工場内にあり、胴体やエンジンの模型などを展示。製造現場も見られる。

 開館した「MRJミュージアム」で、記念写真に納まる1組目のグループ=30日午後、愛知県豊山町
画像を拡大する
 開館した「MRJミュージアム」で、記念写真に納まる1組目のグループ=30日午後、愛知県豊山町フルスクリーンで見る 閉じる

 三菱重工の斉藤啓介広報部長は式典で「工場内にある飛行機の見学施設は日本では珍しい。楽しんでほしい」とあいさつした。最初の見学者となった14人にMRJの模型が贈られた。
 見学はインターネットを通じて予約が必要。1日10組限定で、1組は15人まで。この日は隣接している県営名古屋空港の敷地内に「あいち航空ミュージアム」も開館した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング