産経フォト

ミャンマーに人権尊重促す 法王、ロヒンギャ問題で

ニュース

ミャンマーに人権尊重促す 法王、ロヒンギャ問題で

更新 sty1711280019
 28日、ミャンマー・ネピドーで、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(右)と握手を交わすローマ法王フランシスコ(AP)  28日、ミャンマー・ネピドーで、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(右)と握手を交わすローマ法王フランシスコ(AP)
 28日、ミャンマーの首都ネピドーで、外交団を前に演説するローマ法王フランシスコ(ロイター)
画像を拡大する
 28日、ミャンマーの首都ネピドーで、外交団を前に演説するローマ法王フランシスコ(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 ミャンマー訪問中のローマ法王フランシスコは28日、首都ネピドーで外交団を前に演説し、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの問題を念頭に「平和構築と国民和解への困難な道は、正義を貫き人権を尊重しなければ進むことはできない」と述べた。ただ、ロヒンギャへの直接の言及は避けた。 法王は同日、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相とも会談。スー・チー氏も外交団を前に演説し「(外交団ら)友人の支持はこの上なく貴重なものだ」と述べ、ロヒンギャ問題解決への政府の対応に国際社会の理解を求めた。(共同)

 28日、ミャンマーの首都ネピドーで会談したローマ法王フランシスコ(左)とアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(ロイター)
画像を拡大する
 28日、ミャンマーの首都ネピドーで会談したローマ法王フランシスコ(左)とアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 法王は27日、最大都市ヤンゴンでミン・アウン・フライン国軍総司令官と会談した。軍によると、総司令官は「ミャンマーには宗教による差別はない」と強調。法王は、宗教間の尊重が国の発展につながると述べ、同国の平和のために祈った。
 法王は27~30日に歴代法王として初めてミャンマーを訪問。その後、30日から12月2日までバングラデシュを訪れ、ロヒンギャ難民と面会する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング