産経フォト

自民衆院議員が現金配布 市議14人に210万円

ニュース

自民衆院議員が現金配布 市議14人に210万円

更新 sty1711240008
衆院内閣委員会で質問する自民党の神谷昇氏=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院内閣委員会で質問する自民党の神谷昇氏=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)
衆院内閣委員会に臨む自民党の神谷昇氏=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)
画像を拡大する
衆院内閣委員会に臨む自民党の神谷昇氏=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 自民党の神谷昇衆院議員(比例近畿)が衆院選前の9月下旬に自身の選挙区内の大阪府和泉市と岸和田市の市議14人に現金計約210万円を配っていたことが24日、分かった。神谷氏が同日、報道陣の取材に事実関係を認めた。既に市議側から全額の返金を受けたという。専門家は公選法が禁じる買収行為に当たる可能性を指摘している。

 神谷氏は「(各市議の)後援会に政治活動費の趣旨で渡した寄付行為だった」と説明。政治資金規正法や公選法に抵触する可能性について「法にのっとった行為。(法違反に)当たらないと考えている。買収なども全く考えていない」とした。

 神谷氏によると、神谷氏と秘書は9月下旬、「政治活動費」の趣旨で和泉市議11人と岸和田市議3人に現金入りの封筒を配布。総額約210万円で、封筒に自身が代表を務める「自民党大阪府第18選挙区支部」の宛名の領収書を入れていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング