産経フォト

猟奇的な連続殺人事件の可能性 座間市アパートから9遺体 27歳住人の男逮捕

ニュース

猟奇的な連続殺人事件の可能性 座間市アパートから9遺体 27歳住人の男逮捕

更新 sty1710310015
複数の遺体が見つかったアパートを調べる捜査員ら =31日午後、神奈川県座間市(川口良介撮影) 複数の遺体が見つかったアパートを調べる捜査員ら =31日午後、神奈川県座間市(川口良介撮影)
複数の遺体が見つかった白石容疑者の自宅アパート前に詰めかけた報道陣ら=31日午後、神奈川県座間市(川口良介撮影)
画像を拡大する
複数の遺体が見つかった白石容疑者の自宅アパート前に詰めかけた報道陣ら=31日午後、神奈川県座間市(川口良介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 東京都八王子市の女性(23)が行方不明になり、警視庁が捜査していたところ、神奈川県座間市のアパートから30日、2人の切断された頭部が発見された。31日には新たに7人の切断遺体も確認。警視庁捜査1課は31日、計9人の遺体のうち1人に対する死体遺棄容疑で、この部屋に住む職業不詳白石隆浩容疑者(27)を逮捕した。遺体の状況などから、猟奇的な連続殺人事件の可能性がある。

頭部以外に激しい損傷

 捜査1課によると、白石容疑者は「私が殺害した遺体を証拠隠滅しようとしたことに間違いありません」と容疑を認めた。「浴室で解体し、一部はごみとして捨てた」とも供述。女性については「初めて会って殺害した」と話した。自殺サイトで知り合ったとみられる。
 9人の遺体はいずれも頭部に損傷が少なかったのに対し、首から下の胴体や腕、脚は刃物を使ったとみられる痕が残るなど激しい損傷があった。捜査1課はDNA型鑑定などで身元の確認を急ぐとともに、高尾署に捜査本部を設置して、経緯や動機を調べている。


↓ 関連記事
「証拠隠滅に猫砂」 座間アパートに男女9人分の頭部と大量の骨 27歳男を逮捕

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング