産経フォト

「証拠隠滅に猫砂」 座間アパートに男女9人分の頭部と大量の骨 27歳男を逮捕

ニュース

「証拠隠滅に猫砂」 座間アパートに男女9人分の頭部と大量の骨 27歳男を逮捕

更新 sty1710310003
 複数の遺体が見つかったアパート前には規制線が貼られている =31日午前、神奈川県座間市(川口良介撮影)  複数の遺体が見つかったアパート前には規制線が貼られている =31日午前、神奈川県座間市(川口良介撮影)
 複数の遺体が見つかったアパート前には、多くの報道陣が詰めかけた =31日午前、神奈川県座間市(川口良介撮影)
画像を拡大する
 複数の遺体が見つかったアパート前には、多くの報道陣が詰めかけた =31日午前、神奈川県座間市(川口良介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 東京都八王子市の無職女性(23)が行方不明になり、神奈川県座間市内のアパートの一室から複数の遺体が見つかった事件で、9人分の切断された頭部が室内から見つかったことが31日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は同日、死体遺棄容疑で、この部屋に住む職業不詳、白石隆浩(たかひろ)容疑者(27)を逮捕。高尾署に捜査本部を設置した。

 捜査関係者によると、白石容疑者は「浴室で遺体を解体し、ネコのトイレ用の砂をかけたことで逮捕されましたが、これは私が殺害した遺体を証拠隠滅の意味でかけたことに間違いありません」と容疑を認めている。捜査本部は遺体の身元確認を急ぐとともに、9人が死亡した経緯についても詳しく調べる。

遺体は女性8人と男性1人か

 室内にあった7箱のクーラーボックスから9人分の頭部と大量の骨が見つかった。頭部の特徴から遺体は女性8人と男性1人とみられるという。白石容疑者は頭部と骨以外の肉や内臓について「ごみとして捨てた」と供述。浴室からのこぎりが発見された。

 逮捕容疑は今年8月22日ごろから10月30日ごろまでの間、座間市緑ケ丘の自宅に、氏名・年齢・性別不明の遺体の一部をクーラーボックスに入れるなどして遺棄したとしている。

 捜査関係者によると、頭部が入ったクーラーボックスが白石容疑者の自宅玄関のたたきに置かれていた。室内にはほかにもクーラーボックスや収納容器が複数あり、捜査本部が中身を調べたところ、9人分の遺体が見つかったという。

 女性は行方不明になる前、「自殺を一緒にしてくれる人を探している」とツイッターに書き込んでおり、白石容疑者と自殺サイトを通じて1度連絡を取っていた。女性の親族から10月24日に捜索願が出され、警視庁で行方を捜していたところ、30日夕に男の自宅で遺体を発見。任意で事情を聴いていた。

 白石容疑者と同じアパートに住む40代の会社員男性は、「(白石容疑者と)あいさつしたことがあるが、はきはきとした印象。8月ごろから、部屋の前を通ると下水のような臭いがしていた。まさか、こんなことが起きるなんて…」と声を震わせた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング