産経フォト

米同時テロ16年で追悼式典 過激派の脅威、不安今も

ニュース

米同時テロ16年で追悼式典 過激派の脅威、不安今も

更新 sty1709110021
 ニューヨークの世界貿易センタービル跡地で開かれた米中枢同時テロの追悼式典=11日(ロイター=共同)  ニューヨークの世界貿易センタービル跡地で開かれた米中枢同時テロの追悼式典=11日(ロイター=共同)
 11日、米ホワイトハウスで開かれた中枢同時テロの追悼式典に参加したトランプ大統領夫妻(ゲッティ=共同)
画像を拡大する
 11日、米ホワイトハウスで開かれた中枢同時テロの追悼式典に参加したトランプ大統領夫妻(ゲッティ=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本人24人を含む約3千人が犠牲になった2001年9月の米中枢同時テロの発生から16年を迎えた11日、航空機が激突して崩壊したニューヨークの世界貿易センタービル跡地などで追悼式典が開かれ、米国は鎮魂の祈りに包まれた。欧州では過激派組織「イスラム国」(IS)の信奉者によるテロが頻発しており、米国でも大規模テロの脅威に不安は尽きない。

 ニューヨークの世界貿易センタービル跡地で、米中枢同時テロの犠牲者を追悼する人たち=11日(UPI=共同)
画像を拡大する
 ニューヨークの世界貿易センタービル跡地で、米中枢同時テロの犠牲者を追悼する人たち=11日(UPI=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 トランプ大統領は跡地での式典には参加せずホワイトハウスで黙とうをささげた。

 ニューヨークの同時テロ跡地では、ビル北棟に1機目が激突した時刻に合わせ、鎮魂の人工池を設けた記念広場で参列者が黙とう。遺族の代表が犠牲者の名前を読み上げた。(ニューヨーク共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング