産経フォト

【路上感撮】「ひかり」の代替は「光」!?

鉄道

【路上感撮】「ひかり」の代替は「光」!?

更新 sty1708290001
成田新幹線の予定地だった空き地に並ぶ太陽光パネル =千葉県印西市(桐原正道撮影) 成田新幹線の予定地だった空き地に並ぶ太陽光パネル =千葉県印西市(桐原正道撮影)
成田新幹線の予定地だった空き地に並ぶ太陽光パネル =千葉県印西市(桐原正道撮影)
画像を拡大する
成田新幹線の予定地だった空き地に並ぶ太陽光パネル =千葉県印西市(桐原正道撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 新幹線ひかり号の代わりにやってきたのは、太陽からの光だった!?

 千葉県の北総鉄道の線路沿い、約10キロメートルにわたって細長く並ぶ計約4万7千枚のソーラーパネル。この場所からは、一般家庭4600世帯分に相当する電気が発電されているという。

 成田空港へと向かうスカイライナーが走り抜ける脇に、整然と並ぶソーラーパネル。まるでもう1本線路が敷かれたかのような光景だが、実はこの場所には新幹線が走る予定だった。

 成田空港と東京駅とを結ぶ計画だった成田新幹線だ。国鉄時代には一部で建設工事も行われたが、実現はかなわなかった。(写真報道局 桐原正道)

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング