産経フォト

介護施設で高齢者3人、相次ぎ死亡 岐阜県が調査、けが2人も

ニュース

介護施設で高齢者3人、相次ぎ死亡 岐阜県が調査、けが2人も

更新 sty1708180008
 介護老人保健施設「それいゆ」に立ち入り調査に入る岐阜県の職員=18日午前10時32分、岐阜県高山市  介護老人保健施設「それいゆ」に立ち入り調査に入る岐阜県の職員=18日午前10時32分、岐阜県高山市

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」に入所していた高齢の男女3人が7月末から相次いで死亡していたことが18日、分かった。別の入所者2人もけがをしているといい、県は17、18両日に介護保険法などに基づき立ち入り調査を実施した。施設側は「意図的な要因は排除できない」と説明。県警は事件、事故の両面で施設関係者らから事情を聴くなどして調べている。

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」=18日午前
画像を拡大する
 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」=18日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 施設などによると、7月31日、男性(80)がデイルームで食事中に食べ物を喉に詰まらせて倒れ、運ばれた病院で死亡。8月6日には部屋で倒れていた女性(93)が救急搬送され、その後、脳挫傷で死亡した。さらに12日には女性(87)が顔面蒼白になるなど体調が急変して病院に搬送されたが、13日に死亡。病院から通報を受けた県警が司法解剖した結果、死因は折れたあばら骨が肺に刺さるなどする外傷性血気胸だった。

 また15、16両日には91歳と93歳の女性2人もあばら骨の骨折や、肺挫傷などのけがで入院した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング