産経フォト

長崎、原爆投下72年 核禁止条約「早く参加を」

ニュース

長崎、原爆投下72年 核禁止条約「早く参加を」

更新 sty1708090005
 原爆投下から72年を迎え、長崎市の平和公園で営まれた平和祈念式典=9日午前  原爆投下から72年を迎え、長崎市の平和公園で営まれた平和祈念式典=9日午前
 原爆投下から72年を迎え、全国から集まった高校生平和大使たちが長崎市の原爆落下中心地碑を囲み手をつないだ=9日午前
画像を拡大する
 原爆投下から72年を迎え、全国から集まった高校生平和大使たちが長崎市の原爆落下中心地碑を囲み手をつないだ=9日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 長崎は9日、原爆が投下されてから72年を迎えた。長崎市松山町の平和公園で、市主催の「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれ、原爆投下時刻の午前11時2分、参列した市民ら約5400人が黙とうした。田上富久市長は平和宣言で、国連で7月に採択された核兵器禁止条約を「被爆者が積み重ねた努力が形になった」と評価。条約に加わらない日本政府に「唯一の戦争被爆国として、一日も早い参加を」と迫った。
 安倍晋三首相はあいさつで、広島市で6日にあった平和記念式典と同様、核なき世界の実現に向けて核保有国と非保有国の「双方に働き掛ける」と強調。条約参加への言及はなかった。

 長崎市によると、式典に参列したのは、被爆者や犠牲者の遺族、計58カ国と欧州連合(EU)の代表ら。太平洋戦争末期に原爆を投下した米国は、オバマ前政権下の2011年から参列するようになったが、トランプ政権となった今年も駐日臨時代理大使が出席した。

 長崎市の原爆落下中心地碑を囲み手をつなぐ、全国から集まった高校生平和大使たち=9日午前
画像を拡大する
 長崎市の原爆落下中心地碑を囲み手をつなぐ、全国から集まった高校生平和大使たち=9日午前フルスクリーンで見る 閉じる
 原爆投下から72年を迎え、長崎市の平和公園を訪れた人たち=9日午前
画像を拡大する
 原爆投下から72年を迎え、長崎市の平和公園を訪れた人たち=9日午前フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング