産経フォト

三原が安定感ある滑り 坂本と練習を公開

スポーツ

三原が安定感ある滑り 坂本と練習を公開

更新 sty1707280019
公開練習で演技を披露する三原舞依=盛岡市 公開練習で演技を披露する三原舞依=盛岡市
公開練習で演技を披露する坂本花織=盛岡市
画像を拡大する
公開練習で演技を披露する坂本花織=盛岡市フルスクリーンで見る 閉じる

 フィギュアスケート女子の四大陸選手権覇者の三原舞依(神戸ポートアイランドク)と世界ジュニア選手権3位の坂本花織(神戸FSC)が28日、平昌冬季五輪シーズン前に盛岡市内で練習を公開し、三原は映画「ミッション」の音楽「ガブリエルのオーボエ」を滑るフリーの新演目で早くもミスなしの演技を披露した。
 昨季に比べ、演技後半にジャンプを一つ増やした高難度な構成で持ち前の安定感ある滑りを見せたが「今の完成度では全然駄目。少しずつ磨いていければ」と満足しなかった。ショートプログラムを振り付けしたブノワ・リショー氏からはステップなどで熱心な指導も受けた。27日に「思ったよりいい」と褒められたそうで、「少しずつブノワさんが思い描くものに近づくことができたと思う」と誇らしげだった。
 三原とともに中野園子コーチに師事する坂本は今季途中でのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)導入に意欲を示し「そうしないと、五輪も見えてこない」と力強く話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング