産経フォト

桐生が10秒05で優勝 陸上トワイライトG

スポーツ

桐生が10秒05で優勝 陸上トワイライトG

更新 sty1707230018
男子100メートル 10秒05の大会新記録で制した桐生祥秀 =23日午後、東京都渋谷区の代々木公園陸上競技場(川口良介撮影) 男子100メートル 10秒05の大会新記録で制した桐生祥秀 =23日午後、東京都渋谷区の代々木公園陸上競技場(川口良介撮影)
男子100メートル 10秒05の大会新記録で制した桐生祥秀 =23日午後、東京都渋谷区の代々木公園陸上競技場(川口良介撮影)
画像を拡大する
男子100メートル 10秒05の大会新記録で制した桐生祥秀 =23日午後、東京都渋谷区の代々木公園陸上競技場(川口良介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 陸上のトワイライト・ゲームスは23日、東京・代々木公園陸上競技場で行われ、男子100メートル(タイムレース)は桐生祥秀(東洋大)が追い風0・6メートルの条件下、10秒05の大会新記録で制した。

 女子やり投げで世界選手権(8月・ロンドン)代表の海老原有希(スズキ浜松AC)は55メートル81で2位。男子400メートル障害(タイムレース)の同代表、石田裕介(早大)は49秒92で優勝した。

 男子400メートルは故障からの復帰レースとなったウォルシュ・ジュリアン(東洋大)が46秒75で勝った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング