産経フォト

日本調査団、択捉を視察 ロとの共同経済活動

ニュース

日本調査団、択捉を視察 ロとの共同経済活動

更新 sty1706290020
 29日、北方領土・択捉島で、商店を視察する日本の官民調査団ら(住民提供・共同)  29日、北方領土・択捉島で、商店を視察する日本の官民調査団ら(住民提供・共同)

 北方領土での日本とロシアの共同経済活動の実現に向け、長谷川栄一首相補佐官を団長とする官民調査団は29日、択捉島で調査を行った。水産、観光、エネルギー・インフラなどの専門分野のグループに分かれ、関連施設を視察し、事業の絞り込みを進めた。

 29日、北方領土・択捉島を視察する日本の官民調査団ら(住民提供・共同)
画像を拡大する
 29日、北方領土・択捉島を視察する日本の官民調査団ら(住民提供・共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 ロシア側関係者によると、エネルギー・インフラのグループはディーゼル発電所を訪れ、択捉島の電力供給事情の説明を受けた。ロシア側は新たな風力発電施設を建設するプロジェクトについて、日本企業の協力を求めた。

 この関係者によると、水産のグループは港湾施設や水産加工場を視察した。択捉島の水産加工会社ギドロストロイの幹部から事業説明があったという。(ウラジオストク共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング