産経フォト

麻央さん「愛してる」と旅立つ 海老蔵さん涙こらえるも… 会見詳細 「心残りだと思います」

ニュース

麻央さん「愛してる」と旅立つ 海老蔵さん涙こらえるも… 会見詳細 「心残りだと思います」

更新 sty1706230015
会見の途中、両手で目頭を押さえる市川海老蔵さん =23日、東京都渋谷区(撮影・早坂洋祐)  会見の途中、両手で目頭を押さえる市川海老蔵さん =23日、東京都渋谷区(撮影・早坂洋祐) 

 歌舞伎俳優、市川海老蔵さん(39)は23日午後2時40分から、東京都渋谷区のシアターコクーン前で記者会見を開き、がんで闘病中だった妻、小林麻央さん(34)について、沈痛な面持ちで「昨日夜、妻の麻央が旅立ちました」と語った。麻央さんは息を引き取る瞬間、海老蔵さんを見て「愛している」とひと言話したという。

 海老蔵さんは同日朝、ブログを更新し、「人生で一番泣いた日です」、「マスコミの方々もお察しください」とつづっていた。

 海老蔵さんは、Bunkamuraシアター・コクーンで「ABKAI2017 ~石川五右衛門 外伝~」に出演中。会見は公演終了後の2時半に開始するはずだったが、予定より遅れて始まった。

ブログなどで妻のことを応援してくれた方々のためにも… 会見詳報

 《午後2時35分過ぎ、海老蔵さんは黒いスーツとネクタイ姿で会場に現れた。報道陣のカメラの無数のフラッシュを浴びた顔は、憔悴(しょうすい)しきった様子だった》

沈痛な面持ちで会見する市川海老蔵さん=23日、東京都渋谷区(撮影・早坂洋祐) 
画像を拡大する
沈痛な面持ちで会見する市川海老蔵さん=23日、東京都渋谷区(撮影・早坂洋祐) フルスクリーンで見る 閉じる

 「このたびは、ご報告するようなことではないのですが、今朝、家の周りに多くのマスコミの方がいらっしゃいましたので、ご報告も義務だと。昨日夜に妻、麻央が旅立ちました。思った以上に、皆さんに伝わったのが早かったので、多くの方にご迷惑のかからないようにと。ブログなどで妻のことを応援してくれた方々のためにも、(この場を)設けさせていただききました」
 《一言一言をしぼり出すように語る海老蔵さん。ひとしきり話し終えると、報道陣との質疑応答に移った》

 --麻央さんとの最後のときは

 「私は昨日、舞台があって、(姉でフリーアナウンサーの小林)麻耶(まや)さんと、お義母さまとがずっと看病してくださっていました。舞台の後に撮影があって、その後、稽古もありました。お義母さまからLINE(ライン)が来ていましたが、僕は見ることができませんでした」

 「1時間半ほど遅れてみると、具合が悪いと…。医師が家族を呼んだ方がいいとのことで、慌てて帰ったわけです」

 「帰りますと、この世にいてくれて。妻は苦しそうな顔で、おとといまではしゃべれたんですが、昨日はしゃべれず、不思議な話ですが、息を引き取る瞬間、(妻は)私を見ました。そのときに、『愛してる』と言ってくれた。彼女が…言って…」

記者会見する市川海老蔵さん=東京都渋谷区(撮影・蔵賢斗)
画像を拡大する
記者会見する市川海老蔵さん=東京都渋谷区(撮影・蔵賢斗)フルスクリーンで見る 閉じる

 《海老蔵さんは気持ちが高ぶり、声を詰まらせる。涙があふれた顔を、両手でぬぐい、「泣いちゃいますよね」と言葉を継いだ》
 「その一言、『愛してる』と言って…そのまま旅立ちました」

 「彼女が旅立つ間際、『愛してる』と、聞こえたか聞こえないか分からないくらいです。何ていうのでしょうか。こんなに愛されていたのが、よく分かっていたんですが…」

 《たびたび涙で言葉を詰まらせる。「ふう…」と深呼吸して続ける》

 「どうしても、昨日の今日で何も準備ができてなくて、お見苦しいところを」

 《声はか細かった。だが、精いっぱい、最愛の妻のことを語ろうとする姿が印象的だった》

「心残りだと思います。2人の子供のことについては…」

 「笑顔と勇気と愛情、決してぶれない自分、どんなときでも相手を思いやる気持ち。愛ですよね。そういった力が最期までぶれず、一昨日まで笑顔で話してた。昨日は調子が悪かったので。われわれ家族も急にそういうふうになってしまったので戸惑った部分、そういうのが大きかったです」

 --麻央さんは、どんな存在でしたか

 「私を、どこまでも愛してくれていたんだと。…うん…存在っていうのは…」

 《海老蔵さんは、目を閉じ、言葉を発さず考え続ける》

 「まあね…存在ね…。できればずっと一緒にいて、私のほうが先に逝って。もっと幸せに。私が役者として成長していく過程をずっと見守ってもらいたかった存在です」

 《目頭を押さえ、麻央さんを思い出すかのごとく遠くを見るような表情を見せる海老蔵さん。カメラマンたちのシャッター音が会場に響き渡る》

 --(長女)麗禾(れいか)ちゃん、(長男)勧玄(かんげん)君は

ハンカチで涙をぬぐう市川海老蔵さん =23日、東京都渋谷区(撮影・早坂洋祐) 
画像を拡大する
ハンカチで涙をぬぐう市川海老蔵さん =23日、東京都渋谷区(撮影・早坂洋祐) フルスクリーンで見る 閉じる

 「麗禾は昨日はずっと麻央のそばを離れませんでした。そして彼女の横でずっと寝ると言って、寝ていました。うん、うん(納得するようにうなずきながら)…認識は、していると思います」
 「勸玄はまだ…。分かっているのですけれど、分かっていないところもあって。今朝も麻央が横になっているところに行って、麻央の顔を触ったり、足をさすったり。そういうところを見ると、私が今後、背負っていくもの、やらなくてはならないこと、子供たちに対して、とても大きなものがあるなと、痛感しました。勸玄はまだ、分かっていないと思います」
 --麻央さんから学んだことで、どういうことを伝えたいですか
 「元気になったら、彼女は、多くの人に救いになれるようになりたい、と。それでブログというものも始めたんですよ。マスコミのみなさんのおかげで公になって、ありがたかったと思います」
 「ブログを始めて同じ病の人たちや、苦しんでいる方々と悲しみや喜びを分かち合う姿は、私からすると“人”ではない、というか、何ていうんですかね、すごい人だなというか。言い方おかしいですけど。今後も教わり続けることは、愛だと思います」

 《スタッフがハンカチを手渡す。海老蔵さんは鼻を拭う》

 --思い出すのは、麻央さんのどういう表情ですか

 「全部ですね。初めて会ったとき、今日の朝まで全部。全部ですね」

--海老蔵さんや子供たちへの言葉で、印象に残っている言葉は

 「心残りだと思います。2人のことについては。どうすればいいんだろう。考えても、答えは出なかったことと思います。子供たちが舞台に出演したり、今度もせがれが出るんですが、そういうのを見に来ることをひとつの目標としていたんですけど。(今も)きっと見ていると思うんでね。心配で心配でしようがないんじゃないでしょうか」

 --なにを託されたと考えますか

 「多すぎて言葉にならないですよね。舞台も、来月もありますし、まだ(子供は)5歳と4歳ですから。これから『お母さん』という存在が、彼女や彼には重要になるのではないですか。でも、失った。僕が代わりにはなれないですけど、できる限りのことをやっていくように」

 --麻央さんがよく言っていた言葉で思い出すのは

 「言葉というか、お姉さんの(小林)麻耶さんが調子悪くなったときも、私が舞台で疲れたときも、麻央のほうが大変なのに、自分よりも相手のことを心配する優しさ。言葉、というのではなく、どこまでも自分よりも相手のことを思う気持ち。これはね…」

 --どんな奥さまでしたか

 「分かりませんね。僕を変えた奥さんじゃないですか」

 --麻央さんに改めて言いたいことは

 「まだ昨日の今日なので、こういうところも“聴いている”と思うので。全部聴いてると思うので。言わなくても伝わると思うので、いつも思っているということで」

 「麻央のブログや麻央の存在で励まされた方がいらっしゃるということで、ある意味こういう形(記者会見)を取らせていただいた。そういう多くの麻央のことを応援してくださった方。本当に昨日、先に旅立ちましたけれど、ずっとみなさまのそばにいると思うんで、本当にいろいろありがとうございました」

 《「そろそろこのへんで」と会見を打ち切ろうとするスタッフを「まだ大丈夫だから」と制しながら20分間続けた会見が終わった。一礼すると海老蔵さんは会見場を後にした》
↓ 関連記事
「子供二人残して・・・」ネット上に悲しみ広がる 小林真央さん死去

小林麻央さん、最後の更新は20日 ブログで多くの言葉を発信
まだ34歳・・・小林麻央さん死去 闘病2年8カ月
動画は ↓から

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング