産経フォト

夕焼けの空舞う零戦 幕張上空で展示飛行

イベント・祭典

夕焼けの空舞う零戦 幕張上空で展示飛行

更新 sty1706030023
レッドブルエアレース2017の予選終了後、会場上空に飛来した零戦=3日午後、千葉・美浜区の幕張海浜公園(酒巻俊介撮影) レッドブルエアレース2017の予選終了後、会場上空に飛来した零戦=3日午後、千葉・美浜区の幕張海浜公園(酒巻俊介撮影)
夕焼けの大空を舞う零戦=3日午後、千葉・美浜区の幕張海浜公園(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
夕焼けの大空を舞う零戦=3日午後、千葉・美浜区の幕張海浜公園(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 旧日本海軍の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の復元機が3日、千葉市の幕張海浜公園で開かれた飛行機のレッドブル・エアレースに合わせて展示飛行し、約3万5千人の観客が空を舞う姿に見入った。

 機体は1942年製で、70年代にパプアニューギニアで発見され、カナダ製のエンジンを搭載して修復した。これまで日本国内で複数回飛行したことがある。

 エンジン音を響かせ夕焼けの空を飛ぶゼロ戦を見つめていた、群馬県渋川市の会社員石坂淳さん(44)は「かつては戦争に使われた機体なので複雑な思いだが、平和へのメッセージになればいい」と語った。

レッドブルエアレース2017の予選終了後、会場上空に飛来した零戦=3日午後、千葉・美浜区の幕張海浜公園(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
レッドブルエアレース2017の予選終了後、会場上空に飛来した零戦=3日午後、千葉・美浜区の幕張海浜公園(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 飛行を企画した「零戦里帰りプロジェクト」の責任者唐木芳典さん(59)は「日本が誇る技術遺産であるゼロ戦の姿を後世に継承していきたい」と話した。

 この日は零戦のほかにも、民間旅客機界の名作機「DC-3」や陸上自衛隊の対戦車ヘリ「アパッチ」なども展示飛行し、航空ファンらから歓声を浴びていた。

☆特集「零戦が飛んだ日」は 【コチラから】

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング