産経フォト

【大山文兄のV1ウオッチ#36】UAEからの初飛来機

ニュース

【大山文兄のV1ウオッチ#36】UAEからの初飛来機

更新 sty1704220012
RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影) RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)
RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)
画像を拡大する
RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 アラブ首長国連邦(以後UAE)のアブドラ外相が21日午後、外務省賓客として政府専用機で来日しました。来日中、岸田外相との会談を行い、2国間関係や国際情勢について意見交換を行う予定です。

RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)
画像を拡大する
RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 今年度初めてとなるV1ウオッチです。毎年度、全ての来日を制覇しようと意気込んでいるのですが、初っぱなのスペイン国王夫妻来日を風邪で休み、今回は取材設定がありませんでした。それでも私を羽田に向かわせたのは「初もの」という甘い誘惑です。今回の来日に使用された機体番号を調べてみると、UAEにわずか2カ月ほど前に納入されたばかりのボーイング787-9(機体番号:A6-PFE)。もちろん初来日ですが、この響きに航空ファンは弱いのです。

RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)
画像を拡大する
RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 しかし趣味の世界というものは奥が深く、航空の世界にもさまざまなファンがおります。私の場合は政府専用機もしくはそれに準ずる機体というカテゴリーを持っているのですが、中には飛行している機体以外は撮影しないというストイックなファンもおります。その方からすれば、私の写真などはエプロンを転がってるだけかもしれません。私も常日頃からV1スポットだけでなく、ランディングのショットを撮影したいと毎回思っているのですが…。今回のようなあえて撮影設定がない時でなければランディングのシーンは狙えません。

V1スポットに駐機するアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)
画像を拡大する
V1スポットに駐機するアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 この日、羽田空港の第2ターミナル展望台からランディングを狙ったのですが、風向きは午後から南風の予報。当初はUAEだからドバイかアブダビ発だと思い込んでおりました。ところが機体はそのどちらでもなくモスクワからの機体だったのです。風向きは東南東の風4kt。いつRWチェンジしてもおかしくありません。冷や冷やしながら展望デッキで待っていたのですが、機体は無事RW34Rにランディング。V1スポットの見渡せる高所に移動するも、タラップから降りてくるのはスーツをビシッと決めた方々と、ジーンズ姿の人ばかり。残念ながら撮影位置が離れていたため、アブドラ外相の姿を確認することができませんでした。

V1スポットに駐機するアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)
画像を拡大する
V1スポットに駐機するアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 UAEの政府専用機のカラーリング、私がこれまで撮影したベスト5に入りますね。シンプルなのに品格があり格好いいんです。使われているのはホワイトに赤い真っすぐなラインのみ。どこかで見たことのあるデザインだと思ったのですが、日本の次期政府専用機に似ておりませんか?私は写真でしか見ておりませんが、機体こそ日本の政府専用機はボーイング777-300ER。カラーリングもホワイトをベースとし、機首から尾翼にかけて赤いラインが緩やかな波のように描かれております。

RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)
画像を拡大する
RW34Rにランディングするアラブ首長国連邦(UAE)の政府専用機(ボーイング787-9:機体番号A6-PFE) =21日午後、羽田空港(大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 もちろんラインの幅や描かれ方も違いますが、尾翼に描かれた国旗以外はほぼ同じようなデザインですね。シンプルというのは美しくもありそしてどれもが同じように見えてしまう恐れがあります。私は次期政府専用機のデザインが決定した際、赤いラインが現行機と同じ方がよかったと思いました。しかし直線だったらまんまUAE機です。きっとデザイン案はいろいろあってもちろん直線ラインも候補にあったと思われます。機体も空力などを追求していくと似たようなデザインになってしまいました。シンプルな美しさの中での個性って難しいものです。

整備のためJALのハンガーに向けてトーイングされる政府専用機(ボーイング747-400:機体番号20-1101) =21日午後、羽田空港 (大山文兄撮影)
画像を拡大する
整備のためJALのハンガーに向けてトーイングされる政府専用機(ボーイング747-400:機体番号20-1101) =21日午後、羽田空港 (大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 そして偶然にも日本の政府専用機がトーイングされる姿も撮影できました。運用は来年度までとなっており、いよいよジャンボもカウントダウン開始です。局員の搭乗者から、スリッパや耳栓、ゲロ袋のお土産はいくつももらってはいるのですが、退役までには訓練でいいから1度搭乗してみたいです。(写真報道局・大山文兄)

◇◆◇

2017年4月21日のまとめ
【アラブ首長国連邦・政府専用機】

搭乗者:アブドラ・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン・アラブ首長国連邦外務・国際協力大臣
運行:アミリフライト
使用機材:Boeing 787-9
機体番号:A6-PFE
コールサイン:AUH05
使用滑走路:RW34R
スポット:V1(スポットイン13:47頃)

☆V1ウオッチ全編は 【コチラから】    

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング