産経フォト

異次元の初Vザギトワ 演技後半に全ジャンプ

スポーツ

異次元の初Vザギトワ 演技後半に全ジャンプ

更新 sty1703230021
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権女子で初優勝したロシアのアリーナ・ザギトワ=18日、台北(共同)  フィギュアスケートの世界ジュニア選手権女子で初優勝したロシアのアリーナ・ザギトワ=18日、台北(共同)
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権女子で初優勝したロシアのアリーナ・ザギトワ=18日、台北(共同)
画像を拡大する
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権女子で初優勝したロシアのアリーナ・ザギトワ=18日、台北(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 18日に台北で終了したフィギュアスケートの世界ジュニア選手権女子で14歳のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が衝撃の初優勝を飾った。昨年12月のジュニアグランプリ・ファイナルで記録したジュニア世界歴代最高を塗り替える合計208・60点。ショートプログラムとフリーのジャンプを全て基礎点が1・1倍となる演技後半に組み込む異次元の構成で臨み、15歳の本田真凛(大阪・関大中)の2連覇を阻んだ。

 本田がフリーで高得点をマークした直後の出番だったが落ち着いていた。「一つのミスもできない状況で緊張したけど、氷上で最初のポーズを取ったら集中できた」。高難度のルッツ-ループの2連続3回転ジャンプを決めて勢いづくと、両手、右手、両手と立て続けに上げて跳んだ3連続ジャンプも披露し、終盤も疲れを感じさせずに切れのあるジャンプを次々と成功させた。(台北共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング