産経フォト

横浜スタジアム6千席増へ 五輪見据え85億円で改修

スポーツ

横浜スタジアム6千席増へ 五輪見据え85億円で改修

更新 sty1703150021
 改修後の横浜スタジアムの完成予想図(横浜DeNAベイスターズ提供)  改修後の横浜スタジアムの完成予想図(横浜DeNAベイスターズ提供)
 改修後の横浜スタジアムの完成予想図を手にする岡村信悟球団社長=15日午後、横浜市中区
画像を拡大する
 改修後の横浜スタジアムの完成予想図を手にする岡村信悟球団社長=15日午後、横浜市中区フルスクリーンで見る 閉じる

 プロ野球横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムの運営会社は15日、2020年東京五輪を見据え、野球・ソフトボールの主会場に正式承認された横浜スタジアムを約85億円かけて改修し、約6千席を増席する計画を横浜市に提出した。

 横浜スタジアムの改修案に盛り込まれたデッキ席(横浜DeNAベイスターズ提供)
画像を拡大する
 横浜スタジアムの改修案に盛り込まれたデッキ席(横浜DeNAベイスターズ提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 運営会社によると、同社が事業主となり、球場がある横浜公園を管理する横浜市と関係法令との適合性について調整を進める。市に計画が承認された場合、11月から工事を開始し、プロ野球のシーズンオフの期間を中心に工事を進め、20年2月ごろまでの完成を目指す。

 計画では、バックネット裏や一、三塁側に席を増築。個室観覧席やデッキ席も設ける。収容人数は従来の約2万9千人から約3万5千人になり、エレベーター増設などバリアフリー化を進める。

た。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング