産経フォト

2階建て機にウミガメ親子 全日空ハワイ便A380

ニュース

2階建て機にウミガメ親子 全日空ハワイ便A380

更新 sty1703060015
 ウミガメの親子のデザインが採用されたエアバスA380「FLYING HONU(空飛ぶウミガメ)」の模型  ウミガメの親子のデザインが採用されたエアバスA380「FLYING HONU(空飛ぶウミガメ)」の模型

 全日空は6日、2019年春にホノルル便に就航予定の総2階建て超大型機エアバスA380を、ウミガメの親子を描いたデザインにすると発表した。ウミガメはハワイで「ホヌ」と呼ばれる神聖な生き物で、幸福や繁栄の象徴。愛称は「FLYING HONU(空飛ぶウミガメ)」。

 全日空ハワイ便エアバスA380に描かれるウミガメの親子のデザインが採用された増岡千啓さん(左)。右は全日空の篠辺修社長=6日午後、東京都港区
画像を拡大する
 全日空ハワイ便エアバスA380に描かれるウミガメの親子のデザインが採用された増岡千啓さん(左)。右は全日空の篠辺修社長=6日午後、東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる

 全日空の募集に対し2197件の応募があり、東京都の会社経営増岡千啓さん(51)のデザインを採用した。

 絵を描くのが趣味という増岡さんは、記者会見で「ハワイは青い空や海があり毎日楽しくて、竜宮城のようなイメージ。シュノーケリング中にウミガメを見たのが一番の思い出。飛んでいる姿を見たい」と笑顔で話した。

 応募の4割は外国からだった。運航する全3機をウミガメ塗装にする。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング