産経フォト

浜岡原発で初の対テロ訓練 静岡県警と自衛隊

ニュース

浜岡原発で初の対テロ訓練 静岡県警と自衛隊

更新 sty1702170006
 浜岡原発へのテロを想定した訓練で、パトカーに先導される陸自車両=17日午前、静岡県御前崎市  浜岡原発へのテロを想定した訓練で、パトカーに先導される陸自車両=17日午前、静岡県御前崎市

 静岡県警と陸上自衛隊は17日、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)へのテロを想定した実動訓練をした。指揮系統が異なる中、スムーズな連携を取れるようにするのが狙い。浜岡原発を対象にした対テロ訓練は初めて。

 訓練は原発周辺の道路などで実施され、県警機動隊員ら約50人、陸自第1師団の約60人が参加。不審船で他国の武装工作員10人が沿岸に上陸、銃を乱射しながら浜岡原発に向かっていると想定した。

 浜岡原発へのテロを想定した訓練で車両に向かう警察官と陸自の隊員=17日午前、静岡県御前崎市
画像を拡大する
 浜岡原発へのテロを想定した訓練で車両に向かう警察官と陸自の隊員=17日午前、静岡県御前崎市フルスクリーンで見る 閉じる

 陸自車両6台をパトカーで浜岡原発まで先導したり、共同の指揮所を設置し検問をしたりする訓練を行った。
 県警警備部の八木瑞生指導官は「世界でテロが頻発する中、日本でも起こる可能性が高まっている。自衛隊と警察で緊密に連携する必要がある」と訓練の意義を話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング