産経フォト

浅田舞さんら聖火つなぐ 札幌冬季アジア大会

スポーツ

浅田舞さんら聖火つなぐ 札幌冬季アジア大会

更新 sty1702060015
 冬季アジア大会の聖火リレーの出発式に出席した浅田舞さん。右は秋元克広札幌市長=6日午後、札幌市  冬季アジア大会の聖火リレーの出発式に出席した浅田舞さん。右は秋元克広札幌市長=6日午後、札幌市
 冬季アジア大会の聖火リレーの出発式で、笑顔の浅田舞さん=6日午後、札幌市
画像を拡大する
 冬季アジア大会の聖火リレーの出発式で、笑顔の浅田舞さん=6日午後、札幌市フルスクリーンで見る 閉じる

 札幌市などで19日に開幕する冬季アジア大会の聖火リレーが6日、同市中央区で行われた。元フィギュアスケート選手で大会PRアンバサダー(広報大使)の浅田舞さん(28)ら54人が、大通公園周辺の6区間(約2・25キロ)をつないだ。
 大会組織委員会の会長を務める秋元克広札幌市長は出発式で「(大会を)熱い声援を送って盛り上げてほしい」と呼び掛けた。その後、浅田さんが「大会が無事終わるよう、思いを込めながら次につなげたい」とあいさつしてスタート。沿道に手を振りながら走った。

 冬季アジア大会の成功を祈願し、行われたアイヌ民族の儀式「カムイノミ」=6日午後、札幌市役所
画像を拡大する
 冬季アジア大会の成功を祈願し、行われたアイヌ民族の儀式「カムイノミ」=6日午後、札幌市役所フルスクリーンで見る 閉じる

 聖火はランナーから組織委に引き渡され、19日の札幌ドームでの開会式で聖火台に点火される。
 大会は文化の多様性をうたっており、札幌市役所では6日、アイヌ民族が大会の成功を神に祈る儀式「カムイノミ」も行われた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング