産経フォト

オリックス、舞洲の2軍施設公開 選手寮やサブ球場建設

スポーツ

オリックス、舞洲の2軍施設公開 選手寮やサブ球場建設

更新 sty1701260021
サブ球場のスタンドでポーズを取るバファローブルとバファローベル=大阪市此花区(撮影・甘利慈) サブ球場のスタンドでポーズを取るバファローブルとバファローベル=大阪市此花区(撮影・甘利慈)
室内練習場=大阪市此花区(撮影・甘利慈)
画像を拡大する
室内練習場=大阪市此花区(撮影・甘利慈)フルスクリーンで見る 閉じる

 オリックスは26日、3月から運用が始まる大阪市此花区の2軍施設を報道陣向けに公開した。

 約30億円の総工費をかけ、舞洲に選手寮やサブ球場を建設。トレーニングルームには最新の機器が導入され、素早く栄養を補給できるようにとの現場の声を反映した「プロテインバー」も設置した。

オリックスが新たに活動拠点とする、大阪・舞洲の新球場(右手前)。奥は舞洲ベースボールスタジアム、左は府民共済SUPERアリーナ(舞洲アリーナ)=15日、大阪市此花区(本社ヘリから)
画像を拡大する
オリックスが新たに活動拠点とする、大阪・舞洲の新球場(右手前)。奥は舞洲ベースボールスタジアム、左は府民共済SUPERアリーナ(舞洲アリーナ)=15日、大阪市此花区(本社ヘリから)フルスクリーンで見る 閉じる

 室内練習場は現在のものより縦、横ともに約10メートル広くなり、人工芝は来オフに本拠地の京セラドーム大阪で張り替えが予定されているものを先駆けて敷いた。

 ブルペンは4レーンから6レーンに増え、マウンドが本来の半分の高さになったリハビリ用のレーンも新たに設けた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング