産経フォト

鳥取・智頭で80世帯超孤立 大雪被害、最高記録観測

ニュース

鳥取・智頭で80世帯超孤立 大雪被害、最高記録観測

更新 sty1701240024
 岡山、鳥取県境付近の道路で立ち往生する車=24日午後5時ごろ、岡山県西粟倉村  岡山、鳥取県境付近の道路で立ち往生する車=24日午後5時ごろ、岡山県西粟倉村

 大雪被害で一時300台以上の車が動けなくなった鳥取県では24日午後も雪が降り続き、智頭町で1月としては観測史上最高の積雪を記録、80世帯以上が孤立状態となった。町内の道路では車の中で夜を過ごす人もいた。

 車が立ち往生した道路で除雪作業をする自衛隊員=24日午後、鳥取県智頭町(陸上自衛隊提供)
画像を拡大する
 車が立ち往生した道路で除雪作業をする自衛隊員=24日午後、鳥取県智頭町(陸上自衛隊提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 県や西日本高速道路などによると、立ち往生はおおむね解消されたが、雪の影響による渋滞が発生。智頭町の避難所にはドライバーら数十人が身を寄せ、県の災害派遣要請を受けた自衛隊が食料など物資を供給した。
 智頭町によると、町内の県道が雪で埋まり、7世帯が住む八河谷地区と約80世帯の芦津地区が孤立。24日午後6時半現在、除雪作業は難航し、県道開通のめどは立っていないという。

大雪に見舞われた智頭町駒帰地区=24日午後(永田直也撮影)
画像を拡大する
大雪に見舞われた智頭町駒帰地区=24日午後(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 一時200台に達した智頭町の国道373号の立ち往生は24日午後の時点でほぼ解消したが、鳥取市に向かう道路で約3.5キロにわたり約150台の渋滞が発生した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング