産経フォト

モスクワ州で氷点下36度 厳しい寒波襲う

ニュース

モスクワ州で氷点下36度 厳しい寒波襲う

更新 sty1701080014
ロシア・モスクワ中心部の赤の広場の警察当局者ら=7日(タス=共同) ロシア・モスクワ中心部の赤の広場の警察当局者ら=7日(タス=共同)
ロシア・モスクワの赤の広場を歩く人たち=7日(タス=共同)
画像を拡大する
ロシア・モスクワの赤の広場を歩く人たち=7日(タス=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【モスクワ共同】ロシア正教のクリスマスに当たる7日、ロシアの首都モスクワ周辺を厳しい寒波が襲った。気象当局は、モスクワ州北西部のクリンで8日未明にかけて氷点下36・2度を記録、21世紀に入って最も寒いクリスマスだったと発表した。
 モスクワ市内の7日夜~8日未明の最低気温は氷点下28・6度だった。モスクワの2空港では7日、計30便以上が欠航し、遅れも続出。空港側は寒波対策を強化し、8日は平常運航に戻った。
 ロシア通信によると、モスクワの動物園では動物にえさを多めに与え、戸外に出す時間を制限するなどの対策を取った。
 だがモスクワ中心部では8日、氷点下25度を下回る極寒の中、市民500人以上が自転車に乗って走るイベントが予定通り決行された。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング