産経フォト

2歳児の心臓移植に支援を 両親が募金呼び掛け

ニュース

2歳児の心臓移植に支援を 両親が募金呼び掛け

更新 sty1612220015
 先天性の拡張型心筋症で入院している稲本啓ちゃん(提供写真、11日撮影)  先天性の拡張型心筋症で入院している稲本啓ちゃん(提供写真、11日撮影)

 茨城県土浦市の会社員稲本創さん(32)が22日、茨城県庁で記者会見し、先天性の拡張型心筋症で東大病院に入院している次男啓ちゃん(2)が米国で心臓移植手術を受けるのに渡航費や手術費が必要として、募金への協力を呼び掛けた。

 稲本啓ちゃんの心臓移植手術のため、募金への協力を呼び掛ける父創さん(左)と母麗子さん=22日午後、茨城県庁
画像を拡大する
 稲本啓ちゃんの心臓移植手術のため、募金への協力を呼び掛ける父創さん(左)と母麗子さん=22日午後、茨城県庁フルスクリーンで見る 閉じる

 創さんや妻麗子さん(34)、同席した主治医の平田康隆医師によると、啓ちゃんは2014年11月の出生直後に心臓に異常が見つかり、入退院を繰り返して闘病を続けてきた。今年8月に病状が悪化し補助人工心臓を装着。現在はほとんどをベッドで過ごす。

 創さんは「早く家族で暮らすことだけを願っている。ご支援をお願いします」と声を詰まらせながら訴えた。

 募金方法などは、友人らでつくる「ひろくんを救う会」のホームページ に記載している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング