産経フォト

ダイヤモンド富士くっきり 東京・東久留米市

自然・風景

ダイヤモンド富士くっきり 東京・東久留米市

更新 sty1612180013
富士山頂に沈む夕日=18日午後4時14分、東京・東久留米(酒巻俊介撮影) 富士山頂に沈む夕日=18日午後4時14分、東京・東久留米(酒巻俊介撮影)

 国土交通省関東地方整備局の「関東富士見百景」の一つに選ばれている東京都東久留米市東本町の「富士見テラス」で18日、富士山頂に夕日が沈む冬の風物詩「ダイヤモンド富士」が観測された。

富士山頂に沈む夕日=18日午後4時14分、東京・東久留米市の西武池袋線東久留米駅富士見テラスから(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
富士山頂に沈む夕日=18日午後4時14分、東京・東久留米市の西武池袋線東久留米駅富士見テラスから(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 同テラスは、西武池袋線の東久留米駅西口2階に隣接する市営の屋外展望台で、西にまっすぐ伸びる「まろにえ富士見通り」の先に富士山を眺望できるスポット。夕日が山頂にかかり、富士山のシルエットが浮かび上がると、テラスに集まった100人を超える人から歓声があがった。埼玉県川口市から撮影に来たという男性(62)は、「自然相手なのでなかなか難しいが、今日はよく見られた」とデジカメの画像をチェックしながら顔をほころばせた。

 ダイヤモンド富士は25日ごろまで観測できるという。 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング