産経フォト

日米韓、ソウルで首席会合 北朝鮮制裁で連携協議

ニュース

日米韓、ソウルで首席会合 北朝鮮制裁で連携協議

更新 sty1612130004
 北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の日本と米国、韓国の首席代表の会合=13日、ソウル(共同)  北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の日本と米国、韓国の首席代表の会合=13日、ソウル(共同)

 北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の日本と米国、韓国の首席代表が13日、ソウルで会合を開いた。朴槿恵大統領の弾劾訴追案可決など韓国の政局混乱が続く中、9月に5回目の核実験を行った北朝鮮に対する制裁措置での3カ国連携を確認する。日米韓の首席代表会合は、6月に東京で開いて以来。

 会合前に握手する(左から)米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表、韓国外務省の金烘均・朝鮮半島平和交渉本部長、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長=13日、ソウル(共同)
画像を拡大する
 会合前に握手する(左から)米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表、韓国外務省の金烘均・朝鮮半島平和交渉本部長、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長=13日、ソウル(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 会合には外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表、韓国外務省の金烘均・朝鮮半島平和交渉本部長が出席。
 日米韓がそれぞれ発表した独自制裁措置を着実に履行し、北朝鮮への圧力を強化する方針を確認するほか、国連安全保障理事会が11月末に採択した北朝鮮制裁決議を巡り、中国やロシアの協力についても協議するとみられる。
 金氏は9日、北京で中国外務省の武大偉・朝鮮半島問題特別代表とも会談。武氏は安保理制裁決議の履行方針を示す一方、日米韓などの独自制裁には反対する立場を示している。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング