産経フォト

ミナミの自転車レーン供用開始 側道つぶし整備

ニュース

ミナミの自転車レーン供用開始 側道つぶし整備

更新 sty1611100008
御堂筋に新設された自転車専用レーン=10日午前、大阪市中央区(恵守乾撮影) 御堂筋に新設された自転車専用レーン=10日午前、大阪市中央区(恵守乾撮影)
御堂筋に新設された自転車専用レーン=10日午前、大阪市中央区(恵守乾撮影)
画像を拡大する
御堂筋に新設された自転車専用レーン=10日午前、大阪市中央区(恵守乾撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪のメインストリート・御堂筋のミナミの一部区間で、側道を閉鎖して自転車レーンを新設し、歩道を拡幅する工事が完了し10日、供用が始まった。
 放置自転車や自転車と歩行者との接触事故を防ぐのが目的で、対象は大阪市中央区の難波~難波西口交差点の約200メートル。今年1月から東側の側道(幅4・5メートル)を閉鎖し、歩道の拡幅と自転車レーン新設を進めていた。
 この日行われた記念式典では、難波駅前町会商店会の東進明会長が「車重視の道路空間から人重視の空間へ再編したい」とあいさつ。午前11時から通行が可能になり、自転車がさっそうと走り抜けていた。

 市は平成25年11月、新橋~難波西口の一部で側道閉鎖の社会実験を実施。同区間を含む約3・5キロの本線を車が通過する時間は30秒~4分程度長くなったものの、歩行者や自転車利用者からは好評だった。市は今後、難波より北側でも同様の整備を進めていく方針。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング