産経フォト

【路上感撮】赤鬼が見守る公園 「舎人いきいき公園」

自然・風景

【路上感撮】赤鬼が見守る公園 「舎人いきいき公園」

更新 sty1610300008
足立区舎人にある舎人いきいき公園。園内には昔話をモチーフにした遊具がならび、桃太郎の鬼のすべり台もある=東京都足立区(三尾郁恵撮影) 足立区舎人にある舎人いきいき公園。園内には昔話をモチーフにした遊具がならび、桃太郎の鬼のすべり台もある=東京都足立区(三尾郁恵撮影)
足立区舎人にある舎人いきいき公園。園内には昔話をモチーフにした遊具がならび、桃太郎の鬼のすべり台もある=東京都足立区(三尾郁恵撮影)
画像を拡大する
足立区舎人にある舎人いきいき公園。園内には昔話をモチーフにした遊具がならび、桃太郎の鬼のすべり台もある=東京都足立区(三尾郁恵撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 元気に走り回る子供たちを見守る大きな赤鬼。東京都足立区の閑静な住宅街の中に広がる「舎人いきいき公園」。子供たちに昔話に親しんでもらおうと、「かちかち山」や「浦島太郎」などの昔話にちなんだ遊具が並ぶ。なかでもひときわ目立つのは、「桃太郎」の赤鬼だ。
 高さ約4・4メートル、幅約6メートル。その大きな赤鬼は、砂場の真ん中にある桃をにらむように設置され、牙の生えた口からは、すべり台が伸びている。

 公園に遊びに来た子供たちは、恐れる様子もなく鬼の体や金棒によじ登ったり、すべり台を滑ったり…。昔話に触れ合いながら、思い思いに遊んでいる。

(写真報道局 三尾郁恵)

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング