産経フォト

「移動金融車」導入広がる 地銀や信金の切り札に

自動車

「移動金融車」導入広がる 地銀や信金の切り札に

更新 sty1610080017
 オリックス自動車が販売している「移動金融車」  オリックス自動車が販売している「移動金融車」

 過疎地の赤字店舗に悩む地方銀行や信用金庫が、サービスを維持しながらコスト削減が期待できる切り札として「移動金融車」を導入する動きが広がっている。現金自動預払機(ATM)や窓口を備え「災害にも強い」(地銀幹部)ことが特徴で、販売している自動車リース大手のオリックス自動車(東京)には注文が相次いでいるという。

 イオン銀行が運用している「移動金融車」
画像を拡大する
 イオン銀行が運用している「移動金融車」フルスクリーンで見る 閉じる

 東日本大震災で店舗が被災した東北銀行(盛岡市)からの要請をきっかけに、オリックス自動車が開発を開始。1973年の創業から約40年間で培った開発力やネットワークを生かして、完成にこぎ着けた。
 昨年9月の関東・東北豪雨では、常陽銀行(水戸市)に納入した自家発電機搭載の移動金融車が、電源車として活躍。ことし4月の熊本地震では、イオン銀行の車両が現地に乗り入れてサービスを提供するなど、災害時に力を発揮している。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング