産経フォト

米軍B1爆撃機を一般公開 韓国で航空ショー

自衛隊・ミリタリー

米軍B1爆撃機を一般公開 韓国で航空ショー

更新 sty1609240026
 ソウル南方の米空軍烏山基地で始まった航空ショーで一般公開されたB1戦略爆撃機=24日(聯合=共同)  ソウル南方の米空軍烏山基地で始まった航空ショーで一般公開されたB1戦略爆撃機=24日(聯合=共同)

 ソウル南方の米空軍烏山基地で24日、米韓両空軍の戦闘機などを披露する航空ショーが始まり、米軍が21日に韓国に展開させたB1戦略爆撃機も一般公開された。B1は北朝鮮の5回目の核実験を受けて13日に烏山基地上空などを飛行したのに続き、21日に再び飛来。同基地に初めて着陸し、北朝鮮を強くけん制している。

 ソウル南方の米空軍烏山基地で始まった航空ショーで一般公開されたB1戦略爆撃機=24日(聯合=共同)
画像を拡大する
 ソウル南方の米空軍烏山基地で始まった航空ショーで一般公開されたB1戦略爆撃機=24日(聯合=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 B1の一般公開は米軍による韓国防衛の意思を示し、韓国国内で強まりつつある核武装論を沈静化させたい狙いもあるとみられる。

 北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は22日、B1の韓国展開などを非難する報道官声明を発表し、米韓が「挑発的言動」を続けるのなら「ソウルを灰の山」にし「グアムを地球上から消す」と警告した。(ソウル共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング