産経フォト

ラブライブ!で沸く沼津 新作舞台に“巡礼者”

エンタメ

ラブライブ!で沸く沼津 新作舞台に“巡礼者”

更新 sty1609100003
観光案内所に集まった「ラブライバー」と呼ばれるファン=7月、静岡県沼津市の内浦地区 観光案内所に集まった「ラブライバー」と呼ばれるファン=7月、静岡県沼津市の内浦地区
アニメのキャラクターがあしらわれた船の前で記念撮影するファン=7月、静岡県沼津市の内浦地区
画像を拡大する
アニメのキャラクターがあしらわれた船の前で記念撮影するファン=7月、静岡県沼津市の内浦地区フルスクリーンで見る 閉じる

 バスを降り立つと、目の前にはアニメの世界そのままの入り江が広がる。人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台となった静岡県沼津市の内浦地区が“聖地巡礼”のファンでにぎわっている。8月には民間団体主催の地域おこしイベントで「行きたいまち」ランキングで1位に。地元企業もタイアップ商品の開発を始め、地域活性化を図っている。
 アニメは学校でアイドルグループを結成した女子高生たちを描くシリーズの第2弾。前作の東京から舞台を内浦地区に移し、実際の風景や町並みを全編にわたり使用する。制作側が「駿河湾と富士山、海と山の美しい景色」にひかれ、映像ロケ誘致で実績のある沼津市に依頼して実現した。
 週末になると、1日100~300人の「ラブライバー」と呼ばれるファンが現地を訪れる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング