産経フォト

ファルコン9が爆発 搭載衛星失う スペースX

ニュース

ファルコン9が爆発 搭載衛星失う スペースX

更新 sty1609020006
打ち上げ前の試験中に爆発した「ファルコン9」ロケット=1日、米フロリダ州( U.S. Launch Report ロイター)  打ち上げ前の試験中に爆発した「ファルコン9」ロケット=1日、米フロリダ州( U.S. Launch Report ロイター) 

 米南部フロリダ州のケープカナベラル空軍基地で1日午前9時(日本時間同日午後10時)すぎ、衛星打ち上げ前の試験をしていた米宇宙企業スペースXの無人ロケット「ファルコン9」が爆発した。スペースXによると爆発によるけが人は出ていない。

 爆発は複数回起き、打ち上げ場から離れた建物にも衝撃が伝わり、黒い煙が立ち上った。

打ち上げ前の試験中に爆発した「ファルコン9」ロケット=1日、米フロリダ州( U.S. Launch Report ロイター) 
画像を拡大する
打ち上げ前の試験中に爆発した「ファルコン9」ロケット=1日、米フロリダ州( U.S. Launch Report ロイター) フルスクリーンで見る 閉じる

 スペースXによると、イスラエルの通信衛星「Amos6」を搭載し、3日に打ち上げる予定だった。ロケットは機体を固定したままエンジンを燃焼させる試験を行っていた。試験は打ち上げ前に毎回行っている。搭載していた衛星は爆発で失われた。
 スペースXは起業家のイーロン・マスク氏が設立した宇宙ベンチャー。打ち上げコスト削減のため、ロケットの1段目を軟着陸させて再利用する実験を進めるなど先進的な技術開発で知られる。(共同)

打ち上げ前の試験中に爆発した「ファルコン9」ロケット=1日、米フロリダ州( U.S. Launch Report ロイター) 
画像を拡大する
打ち上げ前の試験中に爆発した「ファルコン9」ロケット=1日、米フロリダ州( U.S. Launch Report ロイター) フルスクリーンで見る 閉じる
打ち上げ前の試験中に爆発した「ファルコン9」ロケット=1日、米フロリダ州( U.S. Launch Report ロイター) 
画像を拡大する
打ち上げ前の試験中に爆発した「ファルコン9」ロケット=1日、米フロリダ州( U.S. Launch Report ロイター) フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング