産経フォト

ゴジラの“足跡”たどる 初代が上陸した品川

遺跡・建造物

ゴジラの“足跡”たどる 初代が上陸した品川

更新 sty1608290014
 JR品川駅の山手線ホームにある「シナガジラ」の記念プレート  JR品川駅の山手線ホームにある「シナガジラ」の記念プレート
 「ゴジラ上陸地点」を記した周辺案内図=東京都品川区
画像を拡大する
 「ゴジラ上陸地点」を記した周辺案内図=東京都品川区フルスクリーンで見る 閉じる

 日本版ゴジラとしては12年ぶり29作目となる映画「シン・ゴジラ」が評判だ。脚本・総監督を務めた庵野秀明さんが「完成度と素晴らしさは最初のゴジラに集約している」と評する、初代ゴジラの“足跡”を、東京・品川でたどった。

 1954年公開の初代ゴジラは、太平洋での水爆実験で太古の眠りから目覚め、東京湾から品川に上陸した。京浜急行の北品川駅前にある周辺案内図には「ゴジラ上陸地点」と記され、かわいらしくデフォルメされたゴジラが火を吹いている。

 映画でゴジラは、北品川駅北側の八ツ山橋を皮切りに、破壊の限りを尽くしていく。

 東京に上陸したゴジラが、初めに破壊した八ツ山橋=東京都品川区
画像を拡大する
 東京に上陸したゴジラが、初めに破壊した八ツ山橋=東京都品川区フルスクリーンで見る 閉じる

 JR品川駅にも、ゴジラスポットが。ホームドア設置工事が終わったばかりの山手線ホームの床に、「鉄道発祥の地」「Since 1885」などの文字と、ゴジラのようにも見える謎の怪獣のシルエットが描かれた、記念プレートが設置されている。

 JR東日本東京支社によると、1872年の新橋-横浜間の正式開業前に、品川-横浜間が仮開業したことから、品川駅を「鉄道発祥の地」としている。「1885年」は山手線(品川-赤羽間)開業の年。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング