産経フォト

五輪旗、東京に リオ五輪日本選手団も

イベント・祭典

五輪旗、東京に リオ五輪日本選手団も

更新 sty1608240006
五輪旗を手にタラップを下りる小池百合子東京都知事 =24日午前、羽田空港(荻窪佳撮影) 五輪旗を手にタラップを下りる小池百合子東京都知事 =24日午前、羽田空港(荻窪佳撮影)
リオデジャネイロ五輪で引き継がれた五輪旗を手に羽田空港に到着した小池百合子東京都知事(中央) =24日午前(荻窪佳撮影)
画像を拡大する
リオデジャネイロ五輪で引き継がれた五輪旗を手に羽田空港に到着した小池百合子東京都知事(中央) =24日午前(荻窪佳撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 リオデジャネイロ五輪の閉会式で2020年五輪を開催する東京に引き継がれた五輪旗が24日、東京都の小池百合子知事や史上最多41個のメダルを獲得した日本選手団の本隊と共に羽田空港に到着した。一行は2便に分かれて到着。全日空機から姿を現した小池知事がタラップの最上段で五輪旗を大きく振り、日航機からは日本オリンピック委員会(JOC)の旗を持った日本選手団旗手で陸上の右代啓祐選手と主将でレスリング女子銀メダリストの吉田沙保里選手が降り立った。

 歓迎式には大会組織委員会の武藤敏郎事務総長や松野博一文部科学相、スポーツ庁の鈴木大地長官、JOCの竹田恒和会長も出席した。

五輪旗(右)とJOC旗(左)とともに記念撮影に応じる、リオ五輪日本代表選手団の吉田沙保里主将、小池百合子東京都知事ら =24日午前、羽田空港(荻窪佳撮影)
画像を拡大する
五輪旗(右)とJOC旗(左)とともに記念撮影に応じる、リオ五輪日本代表選手団の吉田沙保里主将、小池百合子東京都知事ら =24日午前、羽田空港(荻窪佳撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 都によると、五輪旗は、9月のリオ・パラリンピック後にパラリンピック旗が到着するまで、都庁内に保管される。その後、20年大会を盛り上げる目的で全国を巡るツアーが検討されている。

 帰国した選手団は都内のホテルに移動。橋本聖子団長以下、メダリストらは記者会見後、官邸に安倍晋三首相を表敬訪問する。選手団は25日の解団式で正式に解散する。

 五輪旗の到着に合わせ、羽田空港の各ターミナルでは10月10日まで、20年五輪・パラリンピックの公式エンブレムなど大会をアピールする装飾が施される。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング