産経フォト

【五輪新体操】フェアリージャパンは8位 団体決勝、ロシア「金」

スポーツ

【五輪新体操】フェアリージャパンは8位 団体決勝、ロシア「金」

更新 sty1608220003
新体操団体決勝 演技を終え声援に応える日本チーム=リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太) 新体操団体決勝 演技を終え声援に応える日本チーム=リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太)
新体操団体決勝 日本チームのリボン=リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太)
画像を拡大する
新体操団体決勝 日本チームのリボン=リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太)フルスクリーンで見る 閉じる

 8チームによる団体決勝が行われ、初のメダルを狙った日本(杉本、松原、畠山、横田、熨斗谷)は2種目合計34.200点で8位に終わった。ロシアが36.233点で5連覇を達成した。スペインは35.766点で銀、ブルガリアが銅。

 日本は1種目目のリボンでミスが目立ち、16.550点の8位と出遅れた。2種目目のフープ・クラブでは演技をまとめ、17.650点だったが、挽回はできなかった。

 前日の個人総合決勝では、マムンがただ一人4種目すべてで19点台を出し、合計76.483点で優勝し、ロシア勢として5連覇を果たした。世界選手権3連覇中のクドゥリャフツェワ(ロシア)は銀メダル、リザディノワ(ウクライナ)が3位に入った。

新体操団体決勝 優勝したロシアチーム =21日、リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太)
画像を拡大する
新体操団体決勝 優勝したロシアチーム =21日、リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太)フルスクリーンで見る 閉じる
新体操団体決勝 優勝したロシアチームのリボンの演技 =21日、リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太)
画像を拡大する
新体操団体決勝 優勝したロシアチームのリボンの演技 =21日、リオ五輪アリーナ(撮影・桐山弘太)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング