産経フォト

【五輪自転車】塚越、重圧に力出し切れず 初五輪16位

スポーツ

【五輪自転車】塚越、重圧に力出し切れず 初五輪16位

更新 sty1608170022
 女子オムニアム フライングラップに出場した塚越さくら =リオデジャネイロ(共同)  女子オムニアム フライングラップに出場した塚越さくら =リオデジャネイロ(共同)
 女子オムニアム ポイントレースに出場した塚越さくら(右) =リオデジャネイロ(共同)
画像を拡大する
 女子オムニアム ポイントレースに出場した塚越さくら(右) =リオデジャネイロ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 初めての五輪は悔しさだけが残った。自転車の女子オムニアムの25歳、塚越さくら(Ciel Bleu 鹿屋)は16位に終わった。前半18位からは上げたが「楽しめなかった。五輪に臨む心の準備が足りていなかった」。普段とは違う応援や注目が重圧となって力を出し切れず、表情は暗かった。

 後半最初のタイムトライアルは6位。得意種目で波に乗るかと思われたが、次のフライングラップは15位と伸びない。最終種目のポイントレースでも上位についていけず「大舞台で結果を残すにはメンタルの強さが必要」と課題を口にした。

 女子オムニアム ポイントレースに出場した塚越さくら(中央) =リオデジャネイロ(共同)
画像を拡大する
 女子オムニアム ポイントレースに出場した塚越さくら(中央) =リオデジャネイロ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 埼玉・熊谷女高では陸上選手だった。全国レベルには届かず、自転車でトップを目指そうと鹿屋体大に一般入試で入学した。競技歴は浅く、2020年東京五輪へ伸びる余地はある。それでも、東京に向けては自身の成長より「準備や環境の面、どういう気持ちで走ったのか。この経験を伝えないといけない」とトラック種目ただ一人の女子代表として周囲に教訓を還元する自覚を示した。(共同=吉谷剛)

 女子オムニアム ポイントレースに出場した塚越さくら(左) =リオデジャネイロ(共同)
画像を拡大する
 女子オムニアム ポイントレースに出場した塚越さくら(左) =リオデジャネイロ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 女子オムニアムを16位で終え、飯島誠コーチ(右)と笑顔の塚越さくら =リオデジャネイロ(共同)
画像を拡大する
 女子オムニアムを16位で終え、飯島誠コーチ(右)と笑顔の塚越さくら =リオデジャネイロ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング