産経フォト

豪華な山車行列、街道巡る 北海道、370年の歴史

イベント・祭典

豪華な山車行列、街道巡る 北海道、370年の歴史

更新 sty1608100023
 姥神大神宮渡御祭で「いにしえ街道」を巡る山車=10日午後、北海道江差町  姥神大神宮渡御祭で「いにしえ街道」を巡る山車=10日午後、北海道江差町
 姥神大神宮渡御祭で「いにしえ街道」を巡る山車行列=10日午後、北海道江差町
画像を拡大する
 姥神大神宮渡御祭で「いにしえ街道」を巡る山車行列=10日午後、北海道江差町フルスクリーンで見る 閉じる

 北海道南部の江差町で10日、370年以上の歴史がある祭り「姥神大神宮渡御祭」の本祭が始まった。武者人形やちょうちんを載せて豪華に飾られた山車13台が、江戸時代末期の建物が残る「いにしえ街道」を巡り、町は熱気に包まれた。

 強い日差しが照り付けた午後1時、「ヤマ」と呼ばれる高さ約5メートル、重さ最大約3トンの山車13台が神宮前を次々に出発。色鮮やかな法被姿の参加者が太鼓や笛で祭りばやしを奏で、「よーいよーおい」の掛け声で威勢良く山車を前に進めた。

 町によると、ニシンの豊漁を神に感謝したのが起源で、北海道最古の祭りとされる。11日まで。

 台湾から観光で訪れた看護師の林玉娟さん(40)は「日本の伝統文化に触れて、特別な体験ができた」と笑顔だった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング