産経フォト

お身拭いで夏すっきり 奈良・東大寺の大仏さま

ニュース

お身拭いで夏すっきり 奈良・東大寺の大仏さま

更新 sty1608070022
東大寺大仏殿で行われた1年分のほこりを払う「お身拭い」=7日午前、奈良市(山田哲司撮影) 東大寺大仏殿で行われた1年分のほこりを払う「お身拭い」=7日午前、奈良市(山田哲司撮影)
東大寺大仏殿で行われた1年分のほこりを払う「お身拭い」=7日午前、奈良市(山田哲司撮影)
画像を拡大する
東大寺大仏殿で行われた1年分のほこりを払う「お身拭い」=7日午前、奈良市(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 奈良市の東大寺で7日朝、本尊の盧舎那仏(大仏)にたまった1年分のほこりを払う夏の恒例行事「お身拭い」があった。
 午前7時ごろ、僧侶や関係者ら約180人が、白装束にわら草履姿で大仏殿に参集。大仏の魂を抜く法要の後、手のひらや膝の部分によじ登ってはたきではたくと、もうもうとほこりが舞った。
 高さ約15メートルと巨大なため、頭や肩には天井からつるしたゴンドラで接近。「螺髪」と呼ばれる髪の間にもはたきを伸ばし、丁寧にほこりを払った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング